ナナホシテントウ

雲が多かったがそれでも時折青空と太陽が顔を出す、まずまず穏やかな一日。このまま春になるのかな?
もう一回ぐらいは寒波がやってくるかもしれないが、着実に春が近づいているのを感じる里山の昼下がり。
オオイヌノフグリやナズナが元気に咲いている牛舎の近くの牧草地。見るとあちこちでテントウムシがせわしげに草を昇ったり降りたり。獲物(アブラムシ)を探しているのだろうか。

nanahoshitentou01.jpg
Canon EOS20D
EF100mm F2.8 MACRO USM

それはもう、休み無く動きつづけている。写真撮るからちょっと止まってくれよという訳にはいかないようだ。
てっぺんまで昇るとそこから飛ぶかな?と思って構えていたのだが、飛ぶ気はさらさらないようで、すぐに下に降りてしまう。餌探しが急務で飛んでる場合じゃないらしい。
アブラムシを捕食する益虫で、イメージ的にも可愛らしいテントウムシであるがこうやってマクロでみるとそんなに可愛いと言う印象は湧いてこない。だってこいつら肉食だもんな(笑)

4件のコメント

  1. アブラムシを捕食するてんとう虫。
    それを食う小鳥。
    背中のホシはどういうマジナイなんでしょうね。
    わからないことだらけ。

  2. >スプーンさん
    背中の星が多すぎず、少なすぎずってところが
    人気の秘密のようですが、他にも派手な色彩で
    毒があることをアピールするのに役立っているとか。
    あまり理由にこだわってもしょうがないかなと
    言う気がしてきたこの頃ですが。

  3. >ゆきちさん
    オオイヌノフグリも花盛りとなってきましたね。
    嬉しい限りです。
    温かいと感じられるのは多分花たちの
    おかげでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA