葉っぱ調べ、その1

道端で見かける葉っぱで去年から気になっているものがある。

yanagiichigo01.jpg
yanagiichigo02.jpg

特徴的な葉っぱの持ち主なのだが、なんという植物なのか、どんな花が咲くのか結局去年はわからずじまいだった。
今年も同じ場所で見つけたので写真を撮って調べて見たが・・・どうにもわからない。そのうち花でも咲けば大体の見当がつくんじゃないかと思い気をつけて見ていたのだが、いつの間にか草刈されてしまい跡形もなくなってしまっていた。
ガーン・・・何てことだ。また今年もわからずじまいか?と思いつつ周辺を探して見たら・・・あ、あった。同じ葉っぱだ。法面の上の方からひょろひょろと伸びてきている枝に同じ葉っぱが付いているのだ。
枝?
うむ、どう見ても木質の枝に葉っぱが付いている。そうか、今まで判らなかったのは草だと思い込んでいたからか。最初に見たものは若い株で草のように見えたが実は木だったんだな。
というわけで、木という前提で調べて見たらすぐに正体がわかってしまった。これはヤナギイチゴというもののようだ。図鑑で写真を見てみるとオレンジ色のツブツブの果実をつけるようだが、これも何となく見覚えがある。当然葉っぱも見ているはずなんだが記憶と記憶がリンクしなかったのは草だと思い込んでいたからだろう。
はあ~、かつてコマツナギやナワシロイチゴで踏んだ轍をまたしても踏んでしまった訳だ。草に見えても木だったりする事があるから草で調べて判らない時は木でも調べて見ろってば、いいかげん成長しろよ!(笑)

Canon EOS 20D / EF50mm F2.5 COMPACT MACRO

2件のコメント

  1. この状態を見ると、やっぱり草に見えますよね~
    思いこみ・・・ってありますよ!
    あはは、大丈夫ですよ。今回でちゃ~んと学習されたのでは?
    また、やっちゃうかな?(笑)
    ヤナギイチゴ、ネットで検索してみたら、
    実は食べられるようですね♪
    みかん色の美味しそうな実!初めて聞いた植物でしたよ~♪
    葉っぱ調べ その2は、どんな葉っぱが登場するのかな?

  2. ぴ~さん、こんばんは。
    多分、歴史は繰り返します(笑)
    ヤナギイチゴの実、食感も良いそうで今度見つけたら是非たべてみたいですね!
    既にその2の催促が(汗)
    ネタに詰まった時の逃げ道にするつもりだったのですが・・・「簡単にわかっちゃった」という葉っぱだと記事としてどうなんだろう?
    現在正体不明の葉っぱは他にも在庫があるのですが、それは判るまで記事に出来ないというジレンマが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA