セセリチョウの顔

朝の草むらではヨメナの花に朝露がきらめいている。早朝の内は花の裏側に隠れていたクロウリハムシぐらいしか見当たらないが、程なくしてアブや蝶も食事にやってくる。

seseri01.jpg
Canon EOS 20D
TAMRON SPAF90mm F2.8 MACRO (172E)

蝶の中でもセセリチョウの仲間の顔は毛むくじゃらで丸っこく、なんだか愛嬌がある。こうしてマクロレンズで見ていると、口吻を伸ばしてあちこち蜜を探しているしぐさが可愛く見えてしまうのだ。
もっとも翅の色も地味だし、翅を開いてとまっていたりするからか、蛾だと思っている人もいるらしいが。よーく見ると結構可愛い顔をしているのになぁ。

2件のコメント

  1. そうですか~!
    この子は蝶なんですね~(^_^;)
    何となく、頭にケガ生えていたりすると蛾っぽい気が
    してしまいます。
    でも、正面から見たこの顔♪かっわいいぃ~(*^_^*)
    目がクリクリっとしてて、愛らしい!
    rogiさんの虫に対する愛情を感じました!

  2. ぴ~さん、こんばんは。
    そうなんですよ、こいつ中々可愛いんですよ(^^)
    蜜を探す仕草も可愛いんで今度じっくり観察して見てください。
    でもストロボを焚くと目がグルグル模様になって怖いんですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA